カードローンの種類

カードローンとは、そのものずばりローンを組んでお金を借りることができるカードのことで、借りる本人の信用が担保となります。
カードローンでの借り入れはお金が急に必要となったときに大変便利なもので、返済はリボルビング式が主流となっています。


また、私たちがお金を借りるうえで無視できないのが「総量規制」です。
総量規制とは、2010年6月から施行されている貸金業法の規定のひとつであり、年収の3分の1を超える貸し付けをおこなってはいけないという法律です。
例えば年収300万円の人は最大100万円までを限度にして、お金を借り入れることができます。
カードローンには、いくつかの種類があります。


・銀行系銀行が出資した消費者金融が運営している系列会社がおこなっている各種ローンのサービスです。
銀行は銀行法のもとで運営している会社のため、総量規制の対象外で借り入れ限度額が高めとなっています。
さらに低金利といいことずくめのようですが、そのぶん審査が厳しいところが多いです。
しかし、日頃よく利用している銀行ですから安心感を持つ人が多いでしょう。


・流通系、信販系各店舗や信販会社が発行するクレジットカードに付随しているキャッシング機能です。
クレジットカードでのキャッシングの返済は、翌月一回払いとなっています。


・消費者金融系消費者金融は店舗以外にも無人契約機があり、対面が苦手な人も借りられるのが人気です。
銀行系以外の貸金業者は、総量規制の対象となっています。